子供の時期に姿勢をなおそう!

1. 姿勢の悪さがもたらす子供へのデメリット

骨格の歪み、姿勢が悪いまま過ごしていると背骨や骨盤が歪んだ状態で筋肉が発達し、歪んだ体形に育つ。よくほおづえをついたり、寝転んでテレビなどをよく見ていると歯並びやかみ合わせに影響し顎関節症の原因にもなります。猫背のまま運動などをしていると関節に余分な負荷がかかり痛みが出たり転倒するリスクも高くなりまし、背中が丸まったままだと胸が圧迫され呼吸がしにくくなり集中力が下がり子供の学力の低下にもつながります。

2.子供の時に姿勢をなおすメリット

子供の時期は、ゴールデンエイジ(5歳から12歳)と呼ばれ、子供の身体能力、運動能力が著しく発達する時期でこの時期に神経系の発達がほとんど完成する為この時期に正しい姿勢を身に着けるには最適な期間と言えますがこの時期に身についてしまった悪い姿勢やクセは大人になってなおそうとしても時間がかかりなおしにくいため子供の時期に良い姿勢を身にけることをおすすめします。

まとめ

歪んだままにしてをくことは、呼吸器、歯並び、スポーツ、学力におよぼす影響は様々でお子様の体にとって良いことではありません。子供の頃から改善していくことで成長してもいい姿勢を維持しやすくなります。
上町みぞぶち鍼灸整骨院では、時間も10分ほどで施術を終えれるようにしています、施術も痛みのない方法(ボキボキするようなことは、一切しません)を取り入れてお子様の負担を少なく姿勢調整を受けていただけるように心がけております。
谷六で子供の姿勢矯正は、上町みぞぶち鍼灸整骨院で、気軽に通っていただけるよう短時間、低価格で子供姿勢矯正を行っていますので子供の姿勢が気になるなどでお悩みでしたら、一度ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

17 − 3 =