腰痛予防、改善の3つのセルフケア

腰痛は、多くの方が悩んでいる症状の一つです。
腰痛予防、痛みの早期改善や軽減につながる
日常生活で出来るポイント3つをお伝えします。

ポイント1.寝るときに膝下にクッションを置く

仰向けで寝る時に膝下にクッションを置くことで膝関節、股関節を無理なく曲げることが出来ることで筋肉が緩みやすくまた腰が浮きにくくなり腰にかかる負担が減り腰痛予防になります。

ポイント2.起きる時に腹筋を使っていっきに起きない

朝起きる時などに腹筋を使い急に起き上がると腰にかかる負担が大きく痛める原因になります。起き上がるときは、身体を横向きにして膝を曲げ手で身体を支えながら起き上がるようにすると腰にかかる負担を少なくすることが出来ます。

ポイント3.安静にし過ぎない

腰が痛いからとベッドで寝ている時間が長くなると痛みがとれづらく動きも悪くなってしまいます、過度に安静にするよりも無理のない程度に日常生活で身体を動かしていく方が腰の動きも良くなり痛みの改善にもつながっていきます。

まとめ

日常生活で少しこのような事をとり入れていただくだけで腰痛予防などのセルフケアになります。
もしもっと詳しく知りたい方は、一度診断もかねて施術に来てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

11 − 3 =