ぎっくり腰の施術

腰の痛みで立ち上がるのがやっと出来るような状態の方への施術になります。

1. 腰・股関節・腹部などの状態のチェック

いつからの痛みか何をした時から痛み出したかなど話しを聞かせてもらい、腰、骨盤、腹部など中心に痛みの場所や動きの確認していきます。

2.鍼・体をほぐす整える

腰、臀部、足,手の甲など筋肉の硬くなっているところや経穴(ツボ)などに鍼を刺していき。腰、臀部へは、電気を流しながら、15分ほど置き、その後鍼を抜いてから体全体をほぐしながら整えてテーピングを腰部に行い60分ほどの施術になりました。 施術後は少し痛みが残っているぐらいで立ち上がりも普通に行えている状態までになっておられました、今後の注意点などをつたえして施術終了になります。

まとめ


ぎっくり腰はいつも行っている慣れた動作でも起こりますしストレスなどでも起こります。体に気を付けていてもぎっくり腰は、急に起こるものですので、もっと詳しく知りたい方や腰痛などで困っている方など一度気軽に施術に来てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

10 + 11 =